ウイッグについて

>

1. ウイッグの種類

 

フルウイッグ ( 全かつら )

wig-01

 

 

 

 

 

 

 

医療・ファッション用共に

頭全体を覆うタイプのウィッグです。

円形脱毛症の方なども

患部が広がったりするのを考慮して

フルウイッグを使用する場合もあります。

 

 

◆ 部分ウイッグ ( 部分かつら )

wig-02

 

 

 

 

 

 

 

髪の毛の少ないところを補ったり、

ボリュームアップに使ったりする

タイプのかつらです。

白髪が伸びてきた時の

フォローなどにも使えます。

 

自毛に近い色のウィッグを選んで

自毛となじませ

自然な仕上がりにさせます。

最近は軽量のファイバー素材が主になり

着け心地も快適になっています。

 

 

 

 


 

2. 毛髪の種類

 

◆  人 毛

wig-03

 

 

 

 

 

 

 

原材料としての価格は高めで、

質の良い人毛ほど価格は上がります。

最高級ランクの人毛は

『 レミー人毛 』 と呼ばれています。

 

自然な風合いを出すことができ

パーマ、カラーでのアレンジが可能ですが、

紫外線に弱く毛先の方から褪色してきます。

また、洗うとスタイルが保持出来ず、

通常の髪の毛同様、

セットに少し時間がかかってしまいます。

 

当然人間の髪の毛と同じですので

毛髪は水分を含んでいるので

人工毛( ファイバー )に比べ重さがあり

夏場や雨天時は水分を吸収し

蒸れやすいのが特徴です。

 

 

◆ ファイバー毛 ( 人工毛 )

wig-08

 

 

 

 

 

 

 

ファイバーと聞くとツヤツヤの

毛髪のイメージがありますが、

現在大手のウイッグメーカーは

ほとんどがファイバーの商品になり、

人毛のウイッグの方が

珍しくなってきています。

 

日本かつら協会で使用される

オリジナルのファイバーは

人毛と遜色ない自然な風合いのもので、

耐熱性にも優れ

ヘアアイロンで熱をあてて

カールも付けられるので

メンテナンス性にも優れ

軽量なのが特徴です。

 

 

◆ ミックス毛

wig-04

 

 

 

 

 

 

 

現在のミックス毛のウイッグには

人毛が3~4割入っており、

人毛・人工毛の良い所を合せ

自然な風合いを出すことが可能です。

 

メーカーの考え方にもよりますが

身体に触れた時に

自然な人毛の感触が感じられるように、

耳周り・襟足周辺に

人毛を多く使うことがよく見られます。

 

 

 


 

3. ベースの種類

 

◆ ネットベース

wig-05

 

 

 

 

 

 

 

頭のかたちに象った

内側の網目状の繊維のことを

『 ネットベース 』 といいます。

 

色・素材・目の大きさなど

種類はたくさんあり、

メーカーによっても異なります。

 

網目の大きさ、粗さにより

通気性は異なりますが、

植えつけてある

髪の毛の長さ、量、太さなども

通気性には影響してきます。

 

また、現在のネットベースは軽量ですが、

耐久性が劣ることはありません。

水洗い、洗剤でも洗えますので

雑菌を繁殖を防ぎ

清潔に使用することができます。

 

 

◆ スキンベース

wig-10

 

 

 

 

 

 

 

『 スキンベース 』とは、

ポリウレタンやシリコンなどの樹脂で

人間の皮膚に似せて作った人工皮膚のことで

ネットベースよりもより頭皮に密着します。

 

特色を活かし、医療用ウイッグでも

ネットベースとの組み合わせや

分け目だけに使ったりします。

欠点としては毛髪との接着面積が狭いため

 

・ 毛が抜けやすいこと

・ 通気性が良くないこと

 

があげられます。

また、水洗を継続することにより

徐々に硬化してくるため

 

・ ひび割れ、

・ よれなど

 

経年劣化が出てくるため

ネットベースに比べ耐久性は劣ります。

 

 


 

4. 毛髪の植え方

 

◆ ハンドメイド ( 手植え )
wig-09

 

 

 

 

 

 

ネットに職人さんが

毛を1本1本手植えで

植毛していくもので

コスト・時間がかかります。

 

フルオーダーで製作した場合

頭の型を取り、型にあわせ

ネットを製作していくので

装用感は抜群です。

 

 

◆ マシンメイド ( 機械植え )

wig-06

 

 

 

 

 

 

 

毛髪と生地をミシンで縫製するため、

製造工程に時間がかからず、

コストが抑えられることがポイントです。

縫い目に凹凸がでできるので、

皮膚の弱い方にはチクチクすることがあるため、

ファッション向けのウイッグで

使用される事が多い製法です。

しかし、ストレッチ素材を使用しているため、

頭毛の量が増えてきた場合にも

柔軟に対応できるのが特徴です。