ヘアドネーション

>

1. ヘアドネーションについて

 

ヘア( 髪の毛 )

ドネーション( 寄付 )

髪の毛を寄付するという単語になります。

 

ヘアドネーションは

アジア台湾などでは

30~40年以上も前から

大手ヘアサロンが

積極的に取り組んでいて

切って捨ててしまえば

ゴミになってしまう毛髪を

人毛ウイッグの原料( 原毛 )に

加工して再利用することができます。

004

 

 

 

 

 

 

 


 

 

2. ヘアドネーションいただける髪の毛について

 

・ 太い髪

・ 細い髪

・ 直毛

・ クセ毛

・ パーマ毛

・ カラー毛

・ 白髪

髪の毛の状態に

問わずご寄付いただけます。

 

ただ材料として流通している長さは

12インチ( 30.48cm )

 

結び目などを考慮すると

31㎝~の長さの髪の毛を

ご寄付をいただくことになります。

006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

3. 髪の毛の加工

 

ウイッグを製作するのに

まず 『 原毛処理 』 を行います。

 

原毛処理というのは

ウイッグに結ぶ髪の毛の

下地を作る作業になります。

健康で元気な髪の毛は

弾力があるので

髪の毛を輪にして結ぶと

結び目が解けてしまいますよね。

 

そのため表面のキューティクルを

薬剤で溶解し均整化させ

染色( カラーリング )して

コーティング剤を表面に塗布します。

wig-11

 

 

 

 

 

 

 

クセのある毛髪などは

縮毛矯正と同じように

熱処理などを行い

毛髪を均一化させます。

また、キューティクルは

瓦のようなうろこ状になっているので

結んだ際

右左の髪の毛で

キューティクルの向きが逆さになります。

DSC01172-02

 

 

 

 

 

 

 

そのため、処理を行わないで

人毛でウイッグを製作すると

左右のキューティクルが絡み合って

手ぐしが通らなくなるので

表面の薬剤加工が必要になります。

 

極端なブリーチなどで

酷く損傷した毛髪などは

原毛処理を行う時点で

薬剤に負けて

原毛にならない可能性がありますが

ほぼすべての毛髪を原毛材料として

流用することが可能です。

wig-07