漆刷毛ができるまで

>

漆刷毛( うるしばけ )ができるまで

 

写真提供: 漆刷毛職人 田中氏 ・ 内海氏

 

055donation_r

 

 

 

 

 

 

 

漆刷毛は漆工品、漆塗りに用いられ

塗りを左右する重要な用具です。

 

 

『 人毛 』を主な原料として

漆が嫌う脂気がなく

薬品による傷みもない

切ってから長い間乾燥させた

『 日本人の髪 』 が

最適であると言われています。

 

 

また、用途に応じて

毛の部分の厚みや

硬さなどを調節してつくられ

高い手作業技術で製作されます。

 

 

 

 

 

– 01 - 毛髪 ( 下毛 ) の処理


001donation_r

 

 

 

 

 

原毛の処理を行います。

毛髪には頭皮から分泌される

皮脂( 脂気 )が存在します。

 

毛髪表面に付着したものや

毛髪内部に存在する脂が

漆刷毛製作に影響しすると考えらていますが

漆刷毛製作における

脂気と刷毛の関係・影響については

職人感覚が頼りで

学術的には未だ解明されておりません。

スマイルプロジェクトにおいて

製作しているウイッグの毛髪も同様です。

 

 

002donation_r

 

 

 

 

 

まず毛髪を洗浄します。

毛髪は状態や毛質を見て

それぞれに適した方法で慎重に

洗浄・脂抜きを行っていきます。

 

輸入している原料、毛髪は

アルカリ剤を使用して脂抜きを行い

毛の表面の変化を感じながら微妙な調整をしていきます。

薬剤に浸けすぎると

毛髪が弱くなってしまうので注意します。

 

 

003donation_r

 

 

 

 

 

アルカリ剤を洗剤で洗い落とし

流水で繰り返しすすぎを行います。

 

 

004donation_r

 

 

 

 

 

すすぎ後、脱水をして毛髪をのばします。

 

 

005donation_r

 

 

 

 

 

天気の良い日に天日干しを行ないます。

 

 

006donation_r

 

 

 

 

 

しっかり乾燥させたら

毛髪の丈を切り揃えます。

 

 

 

007donation_r

 

 

 

 

 

漆刷毛に使われる毛の長さは

6インチ~12インチです。

( 15.24 cm ~ 30.48cm )

 

 

010donation_r

 

 

 

 

 

櫛で上下に梳かし、短い毛をはじき

長さを均一化させていきます。

 

 

011donation_r

 

 

 

 

 

クギで作った大きな歯に毛束ひっかけて

毛髪の上下をシャッフルして

根元・毛先を入れかえ

毛束を均整化させます。

 

 

015donation_r

 

 

 

 

 

最後に長さごとに仕分けしていきます。

 

 

017donation_r

 

 

 

 

 

毛髪下地処理の完成です。

 

 

 

 

– 02 - 毛板づくり ( 毛固め )

 

 

022donation_r

 

 

 

 

 

糊、漆、水で合わせた溶剤を毛に含ませて

櫛と竹棒を使って毛を板状に整えます。

 

 

023donation_r

 

 

 

 

 

半分を固め、 触っても崩れないぐらいに固まったら

もう半分を固めていきます。

 

 

025donation_r

 

 

 

 

 

反りがでないように毎日返しながら

一週間以上乾かし寝かせます。

 

 

026donation_r

 

 

 

 

 

両面仕上がって毛板の完成です。

 

 

 

 

– 03 - 木板づくり

030donation_r

 

 

 

 

 

毛板を乾かしている間に、

刷毛のまわりを囲う木板をつくります。

木は木曽産のヒノキを使用し

水気が多い状態で届いたものを

数年間かけ自然乾燥させます。

 

 

031donation_r

 

 

 

 

 

使える板を選び、製作サイズにカット

 

 

033donation_r

 

 

 

 

 

おおよそ半分を削り

表面を平らにしてていきます。

 

 

034donation_r

 

 

 

 

 

各サイズに仕上がり

木板の完成です。

 

 

 

 

– 04 - 巻き込み

 

041donation_r

 

 

 

 

 

毛板が乾いたら

木板に合わせカットを行います。

 

 

044donation_r

 

 

 

 

 

サイズによって毛板・木板の組み方も様々です。

 

 

045donation_r

 

 

 

 

 

毛板と木板を糊漆で固定します。

 

 

046donation_r

 

 

 

 

 

麻縄で巻き込んで縛ります。

 

 

048donation_r

 

 

 

 

 

板と縄の間にくさびを打ち込んできつく締め上げます。

 

 

049donation_r

 

 

 

 

 

締めあげた状態で一週間以上乾燥させて行きます。

 

 

 

 

– 05 - 仕上げ

 

050donation_r

 

 

 

 

 

締めあげたモノが乾いたら、縄を解きます。

 

052donation_r

 

 

 

 

 

カンナで薄く削って成型して行きます。

最初から板を薄くしないのは

内部の毛板を木板で守ってもらうためで。

最終的にはヒノキが原料の2割になります。

 

 

053donation_r

 

 

 

 

 

カンナの歯で毛先 ( 刷毛先 ) に角度をつけます。

 

 

055donation_r

 

 

 

 

 

版を押して、漆刷毛の完成です!