ウィッグについて知ってほしいこと! vol ②

>

こんばんは。

Ribinet です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィッグについて知ってほしいこと!

vol ②

 

 

 

 

 

今回は

『 人毛とファイバー毛の手縫いの差 』

についてです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の手縫いネットの写真ですが

手縫いにどのような差があるのか

見ていきますね~

 

 

 

 

 

 

 

縫い目をアップにすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  はファイバー毛(化繊)の縫い付けです。

1つの結び目をよ~く見てみると

10本の毛髪(毛束)を一束に

ネットに結びつけているのがわかりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に

↑  は人毛の縫い付けです。

1つの結び目を見てみると

1本の毛髪をネットに結びつけているのがわかりますね。

1本の毛を持つのがやっとなので

写真がキレイでなくて申し訳ございません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較してみると

おなじ毛量をネットに植えたとすると…

人毛の植毛がどれだけ労力が

必要かがわかりますよね。

 

 

そうなんです

人毛の手植えは

職人さん泣かせです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイバー毛の特徴として

ある一定の熱を加えると

形状記憶ができるという点です。

 

そのため

たくさんの毛髪を一か所に集約させて

植えたとしても

熱を加えることによって

もともと真っすぐな繊維の弾力を

解けにくいように

変化させることができるんです。

 

 

 

人毛の場合には…

弾力を変化させるには

傷みますケド

パーマをかけるしかないですよね~

 

 

そのため

人毛は本数をまとめて縫い付けると

毛髪のもともとの弾力で

解けやすくなってしまうので

多く植えてあるのものでも

4本ぐらいが限界なのかなぁと思います。

 

 

当然デリケートな人毛ですから

ブラッシングを荒くしたりすると

ファイバー毛に比べネットから抜けやすいので

優しく扱ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

次回は

『 手縫いのしかた 』

お伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

By