(Q&A)ウィッグ

ウィッグ【 人毛ウィッグとファイバーウィッグの比較 】

髪質の違うウィッグを比較してみる

 

人毛ウィッグとファイバーウィッグの比較

  人毛ウィッグ ファイバーウィッグ
長所 地髪同様に扱うことができる 形状記憶されているので扱いが楽、軽量、安価
短所 寝ぐせも付きますし、雨や水分を吸収します 静電気がおきやすく、毛先がちりつく
手縫い あります あります
マシンメイド 手縫いより毛の長さを出すことができます コスプレ用などにもたくさん使われます
質感 自然な光沢があります ポリエステル特有の光沢があります
手触り 地髪とほぼ変わらない滑らかさがあります 人毛に比べるとハリがあります
パーマ 可能ですが、絡みやすくなるのであまりお勧めできません アイロンやカーラーなどを使ってクセをつけます
カラー 可能ですが、トーンダウン( 色を黒くはしやすく )トーンアップはできるが明るくなりにくいことが多く、ムラも注意が必要です。 基本的にできません
 縮毛矯正  可能です。 原毛のクセを伸ばすことができ、絡みにくくなりますが、作業には注意が必要です アイロンの熱で伸ばします
ブローセット 可能 あまり効果が見込めません
アイロンセット 可能 熱を当てると毛が伸びます、冷まして形状を記憶させます
補修 経年劣化や脱毛もするので増毛も可能 安価なものが多いので買い替えが無難
分け目の変更 不可能に近い 割と簡単

 

 

 

 

次のQ&Aページにすすむ

 

Copyright© スマイルプロジェクト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.