(Q&A)ヘアドネーション

ヘアドネーション【 髪の毛の長さについて 】

ヘアドネーションできる髪の毛の長さについて

 

ヘアドネーションいただいた髪の毛を

医療用ウィッグ用にリデュースするには

30.48㎝(12インチ・31㎝ )

以上の長さが一般的に必要とされています。

 

括った髪の毛・毛束が全部31㎝なくても

毛束1束・2束

部分的にドネーションいただくことでも

全く問題はありません。

 

また、Ribinet では刷毛師さんとコラボして

「 漆刷毛ヘアドネーション 」として

15㎝からのご寄付をいただいておりますが

よくご質問をいただく

15㎝からできるヘアドネーション

ということも、あわせてご説明させていただきます。

 

 

手植えで髪の毛を頭型のネットに植える際

髪の毛を2等分( 半分 )にして

指に挟むようにして、結んでいきます。

↓ 下の写真は髪の毛

12インチ(  30.48㎝  )を参考に

30㎝の定規に対して

赤い糸15㎝

青い糸30㎝

を用意しました。

 

 

 

まずは赤い糸15㎝を2等分にして結んでみると…

以外に短いんです。

手中の遊びが全くないので

結んでいるうちに

髪の毛が手から逃げやすくなってしまいます。

 

 

 

次に

青い糸30㎝で結ぶと

大分手持ちの遊びに

余裕がありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人さんによってスキルや見解は違うと思いますが

総手植えするウイッグ には

15㎝の毛髪を手で結ぶには

かなり高度テクニックが必要です。

( 私にはできません… )

 

 

そして、髪の毛を引っ張っても

抜けにくいようにするために

基本、髪の毛を1:1の長さ

( 半分の長さ )で結んでいくのですが

15㎝の半分、7.5㎝では

ショートのスタイルにもならないんです。

 

工場の職人さんに

15㎝の髪の毛を1:2 で

結んで頂くような指示も可能ではあるのですが

さすがに15㎝では短辺が

結び目からの距離が短くなりすぎてしまい

ブラッシングでも抜けやすくなるので

職人さんも嫌がります。

 

 

そのため、ウィッグ用として

短い髪の毛を上手に使うには…

ショートスタイルの襟足

ウィッグぼうし

↓ 下の写真のような

ミシン縫い で加工すれは

リデュースが可能ということになります。

 

 

Ribinet でもウィッグ用として

工場に送ったヘアドネーションの中に

含まれる短い髪の毛や

加工の難しい資材につきましては

襟足の部分的なパーツ

部分ウィッグのパーツ

地肌に貼り付ける男性用のウィッグ

美容師が使うカラーをチェックする毛束

などに流用させていただいております。

 

 

次のQ&Aページにすすむ

 

 

 

Copyright© スマイルプロジェクト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.