漆刷毛ヘアドネーションで製作された 漆刷毛を使用されている漆作家さまです。

 

※ 掲載順は順不同となっております。

 

 

本間 幸夫さま

 

 

 

 

 

NPO法人 壱木呂の会さま

 

 

 

 

現在、国内で使用される国産漆の割合は

1〜2%あるかないかという状況で

1997年、国産漆の需要が減り

漆掻き職人がどんどん減り続けていくことに

危機感を感じていた17名の漆作家が

先ず需要面で漆掻きの仕事を守りたいと考え

壱木呂の会を立ち上げられました。

 

 

 

 

 

京漆芸彩色 株式会社倉橋さま

 

 

 

 

京都で五代に渡り受け継がれてきた技術で

仏様の両脇に供えられる木製の常花の製作や

様々な仏像仏具を製作・修復などを

行われていらっしゃいます。

全国の寺院などで見て頂くことができるようです。

 

 

 

 

 

 

uruchiku(うるちく) 吉田 真菜さん

 

 

 

 

堆漆 ( ついしつ ) という技法を主に

制作されていらっしゃいます。

堆漆は、漆を塗って乾かして

研いでを繰り返して層を重ねる技法で

数百回塗り重ねることもよくあるようです。

 

 

 

更新日:

Copyright© スマイルプロジェクト | ヘアドネーション|子ども用医療用ウィッグ|漆刷毛ヘアドネーション|カラーチューブリサイクル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.