(Q&A)ヘアドネーション

ヘアドネーション【 髪の毛の条件について その③ 】

ヘアドネーションする髪の毛の条件について その③

 

 

 

 

 

 

 

 

中国には、髪の毛を専門に

扱っている企業があります。

ウィッグを製作するにも

太い髪の毛

細い髪の毛を

混合することはしません

だいたい同じ太さのもの

だいたい同じ強度のもの

同じ長さのもの

に仕分けされ製作されます。

 

ウィッグも

頭頂部の髪の毛

襟足の髪の毛

もみあげの髪の毛

長さが異なりますよね。

という事は、ウィッグ全体を

長さの異なるたくさんの髪の毛で

製作していくこととなります。

そのため

ヘアドネーション頂ける方の

毛量

長さ

髪質

太さ

全て異なりまし

「何名の髪の毛でウィッグができます!」

とバシッと言い切るのは

ちょっと難しいということですが

イメージをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば上の写真にある

ミディアムレングス

鎖骨につくかつかないかぐらいの

ノーカットのウィッグです。

 

 

 

 

 

工場への指示書には

40㎝の人毛を1:2の位置で結んで

と依頼してます。

 

 

ということは

40㎝(1:2 ≒ 13.3㎝:26.6㎝)

ぐらいのイメージで全部の髪の毛を結んで頂いている

レイヤーのウィッグです。

 

 

 

 

 

先ほどの人毛ウィッグの重量は『 151g 』

 

 

 

 

 

インナーネットは 『 8g 』

なので先ほどのウィッグには

143g 』の

人毛が植えられていることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一般的な太さの40cmとして

ヘアドネーションいただいた髪の毛は

上の写真ぐらいのイメージなのですが。

ギリギリ40cmで髪の毛を括ると

毛先がバラバラで全体が40cmある訳ではないので

毛束のおおよそ10~20%が

40cmを超えていることとなります。

 

ということは

『 93g 』の毛束の中で

10~20%間を取って15%とした

13.9g 』が40cmある資材となります。

 

 

そのためウィッグ1台

『 143g 』の人毛を

ウイッグに植えるのには

143g÷13.9g≒10人

 

 

原毛処理を行うと

髪の毛も若干軽量化するのですが

おおよそ同じような髪質の方

10人分  あったとすると

ウィッグ1つが作られているという

ざっくりとした計算になります。

 

 

 

 

はじめのQ&Aページに戻る

 

 

Copyright© スマイルプロジェクト | ヘアドネーション | 理美容師ができるアップサイクル , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.