(Q&A)ウィッグ

【2】 髪の毛の種類

人 毛

wig-03

原材料としての価格は高めで、質の良い人毛ほど価格は上がります。 最高級ランクの人毛は  レミー人毛 と呼ばれています。 自然な風合いを出すことができ、パーマ、カラーでのアレンジが可能ですが、紫外線にも弱く毛先の方から褪色もしてきます。 また、洗うとスタイルが保持出来ず、地毛の髪の毛と同じようにセットも必要になります。 当然、人間の髪の毛ですので、髪の毛は水分を含んでいるので、人工毛( ファイバー )に比べ重さがあり、夏場や雨天時は水分を吸収し蒸れやすいのが特徴です。

 

 

人工毛 ( ファイバー・化繊毛 )

ファイバーと聞くとツヤツヤの毛髪のイメージがありますが、現在、ウイッグメーカーさんの主力商品は、ほとんどがファイバーになり、逆に人毛のウイッグの方が珍しくなってきています。 使用されているファイバーは人毛と遜色ない自然な風合いのもので耐熱性・メンテナンス性にも優れヘアアイロンで熱をあててカールも付けられるものもあり、軽量なのが特徴です。

非耐熱ファイバー毛  もまだ、主力商品に交じり流通していますので、メンテナンスなどで、熱を当てるときは、必ず、ストランド(毛束)で 耐熱強度をチェック してからメンテナンスを行ってください。 非耐熱毛の良い所は耐熱毛に比べツヤ感が少ないので、部分ウィッグとして地毛に馴染みやすいことが挙げられます。

 

ミックス毛

現在、ミックス毛のウイッグメーカーさんの作りにもよりますが、おおよそ人毛が3割程度入っており人毛・人工毛の良い所を合せもち、自然な風合いを出しています。 メーカーさんの考え方にもよりますが、ウィッグ全体に人毛を混ぜるのではなく、身体や首に触れた時自然な人毛の感触が感じられるように、耳周り・襟足周辺、パーツ的に人毛を使うことも見受けられます。

 

 

次のQ&Aページにすすむ

 

ウィッグQ&Aトップに戻る